占いは信じる

占いは信じる、信じない本当に人それぞれだと思います。良い部分だけ信じる人も悪い部分は信じない人もいらっしゃるのではないかと思います。
私は、占いを信じるタイプの人です。理由は占いと一言にまとまっていますが、色々な占術があります。

占術のベースは統計学という学問になります。この統計学はどの分野でも使われているものだと思います。

例えば、日本で一番古い占術は四柱推命になっております。これも生年月日で占います。
この日本で一番古い四柱推命の元となっているのは、中国で一番古い占術である算命学という占術です。
中国3千年の歴史といいますか。こちらも生年月日で占います。生年月日だけで性格から人生の傾向までわかってしまう占術となっております。
その歴史に分だけの統計学です。
ここまでお話ししたように、私が信じる理由としては統計学だからです。数学や物理学、今この時代を作り上げたのは全て人が作った学問です。
しかし、今の時代スマートフォンで簡単に占いサイトの登録して、いつでも自分を占えるようになりました。
同じ言葉の意味でも、言葉の使い回しなどで解釈が変わったりしているのではないでしょうか。
私が伝えたいことは悪い風に書かれていても解釈は自分自身なのです。
もし今の時期は何事も行動に移すのは良くないと書かれていたとします。
私でしたら、最適なチャンスが来たときにすぐさまそのチャンスを掴めるための準備を着々とこなすでしょう。
運気とは誰にでもあり、もちろんラッキーが続く時もあると思います。
運気を知れば誰もがチャンスを掴めるものだと思います。 ところで、皆さんは自分自身を信じていますか??私には誰にも負けないこんな事ができる!という感じでしたら私を含めそこまで自信を持って言える事はないなと思う方もいらっしゃると思います。
しかし、どんなに困難な事があっても私は絶対に幸せになる!という事は信じれますよね??幸せの価値観とは人それぞれです。
その強い意思があるからこそ、人は占いを信じるのではないでしょうか。昨日より今日、今日より明日、みんな前に進んでいるからこそ前を見たくなるのだと思います。
朝のニュース番組で今日の運勢が流れても信じない人でも、占いランキングが流れたからといってチャンネルをわざわざ変える方は少ないでしょう。
面倒なのももちろん、信じない方でもご自身の星座が何位なのかは、気になってしまうと思うのは私だけでしょうか?

例え12位でも必ずそんなあなたには!とラッキーアイテムやスポットなども教えてくれます。
皆さん実行の移さない事でもそこは見ますよね?ダメな事だけではないのが占いです。解釈の仕方なのです。
そこに人は、希望や期待のが大きいからこそ信じたくなるのだと思います。
昨日より今日を。今日より明日。しかし、一番大事なのは幸せになる自分を信じる今なのではと思います。そこから占いを信じる信じないが始まっているのではないでしょうか。

当たる電話占いの口コミはマジうける
台湾の占いはかなり当たりました